日本茶の種類

お茶は茶葉を摘み取った後に熱を加えて発酵を止めるか、若干発酵をさせた後に熱を加えて発酵を止めて加工をするか完全に発酵をさせた後に加工をするかで分かれています。

不発酵茶は煎茶や深蒸し茶ほうじ茶や玄米茶等があり、緑茶がこれに当たり茶摘み後直ぐに発酵を止めるので茶葉が緑色を保っているのが特徴です。流通量が1番多いのが煎茶で、爽やかな香りと渋みが程良いです。ほうじ茶は番茶や煎茶を強火で焙煎しているお茶で、香ばしい香りにすっきりとした味わいがあります。葉が主体になっているほうじ茶と、茎が主体になっているほうじ茶があります。玄米茶は番茶や煎茶に玄米をブレンドしているお茶で、煎茶の香りと玄米の香りが調和しているお茶です。抹茶を更にブレンドしている玄米茶もあり、抹茶の味わいとコクも楽しめます。抹茶は玉露と同じように日光を遮っていた若葉を乾燥させて茎と葉脈を取り除いて、石臼等で引いて粉状にしてあるお茶です。
お茶・紅茶が美味しいスペシャルtとは