若返りは老化原因を知ることが大事

肌は紫外線を浴びることによって、肌の健康が損なわれるだけでなく、肌の老化を促進させてしまいます。肌の老化が進むと、しみやしわが増えて見た目からして年老いて見えますので、対策が必須になります。

強い紫外線を受けた皮膚は活性酸素が多くなり、お肌の保湿に必要なコラーゲンを壊すので、肌が乾燥してしわが多くなります。シミやそばかすはメラニン色素がつくられることによって増えますが、メラニン色素は紫外線の刺激でできるものです。皮膚が紫外線を浴びないように日頃から配慮することで、肌の老化を抑制することが可能です。紫外線が届く場所で活動をする機会がある時は、わずかな時間でも気を抜かず、紫外線を遮るための帽子や日焼けどめクリームを使いましょう。また、若返りの大敵として注意すべきなのは、皮膚の酸化です。金属と同様、人体も長時間空気に触れ続けることで酸化が進みます。皮膚を酸化させないためには、強い紫外線の下で活動しないことや、ストレスを蓄積させないこと、高脂質や添加物のものを食べないことです。スキンケアをきちんと行って、肌が水分不足にならないように、保湿や保水のケアをしましょう。お肌はこまめに保湿ケアを施すことで、しみやたるみのない、ハリのある皮膚を維持できます。肌を老化させないためには、まずはどのような要因で皮膚の老化が進むものなのかを明確にしていくことです。
http://www.teaguechokes.co.uk/