甜茶ポリフェノール

化学物質の分泌を抑制、抗炎症作用があるのは、甜茶ポリフェノールで、バラ科、キイチゴ属の甜葉懸鈎子だけとされています。

このような力のある甜葉懸鈎子から作られている甜茶を、春先に限らず1年を通して飲むといいでしょう。そうすれば花粉症などの体質改善に役立ちます。吸収をよくするために、空腹時に飲むのがいいようです。甜茶の甘み成分は天然のものなので、ダイエット中などもそのカロリーを気にする必要もありません。ヒスタミンの放出が抑えられるという、抗ヒスタミン作用があるということもわかっています。このようにヒスタミンを抑制することのできる甜茶は、花粉症対策として効果があると期待されています。甜茶のいい点は、副作用がないことで、これなら花粉症対策としても安心です。コンドロイチンの不足は耳を触ってみるとわかります。これは外耳が軟骨でできていて、本来とても柔らかいものであるこの外耳が硬くなっていたらコンドロイチンの不足といえるのです。viage ナイトブラ